庚申薔薇

一見見落としてしまうバラが家畜小屋の後ろ斜面に生えています 。

名前は「庚申」=かのえさる=60日に一度あること。それくらい度々咲く、四季咲きのバラと云う意味で庚申薔薇と云っています 。

バラは中国南部、ブータンあたりが原産で 、月季花、長春花とも書きます。世界的にはチャイナローズとなります 。

日本には江戸時代以前に渡来、栽培された記述があります。基本種は一重咲きですが、ここの(中村家)は八重咲きです。

花の色は紅紫色から桃色まであり、その中間色も有ります 。

花と実は中国の漢方薬で生理不順、生理痛、甲状腺の晴れなどに用います 。

Photo Photo_2