鉄砲百合

今一番目立つ植物といえば、テッポウユリでしょう 。

ラッパのような筒状になっているこの花をテッポウユリ(鉄砲百合)あるいはリュウキュウユリ(琉球百合)、タメトモユリ(為朝百合)、イースタリリー、クリスマスリリー、沖縄ではユイ、ユーガバナと呼んでいます 。

日本産のユリとしてはかなり大型で清楚であることからヨーロッパで好まれ、宗教上利用されイースタ(復活祭)やクリスマスにかかせない花となっています 。

九州屋久島、種子島以南から台湾北部の海岸付近の岩場,崖地に分布し、50から100センチの高さになります 。

このテッポウユリはヤマユリと同様鱗茎(球根)を生食します。沖縄では民間療法(生の鱗茎を砕いて潰したもの)を打撲の患部に湿布します 。

花の香りも強く、特に咲き始めの夜がミント様の香りがします 。

Photo