サンダンカ

沖縄の3大花木(名花)の一つにサンダンカがあります。 中国、東南アジア(熱帯アジア)に多く、16世紀には沖縄で栽培されていたようです。サンダンカとは「山丹花」と書き、中国南部の山の名です。日本では花柄が三段になっていることから「三段花」と呼んでいます。  世界には約400種あり、中村家にも4種ほどあります。     左はオオバノサンダンカ・スーパーキング、中がサンダンカ・ピアーズ・グローリー、右がイクソラ・プルグリーミー、写真は有りませんがコバノサンダンカが植栽されています。    Cimg0637 Cimg0638 Cimg0639