アカザカズラ

最近、沖縄ではよく見かけるものがあります 。南アメリカ、ブラジル産の植物で渡来したのは明治時代 沖縄にもたらされたのが初めでした。最近農家や個人住宅の垣根にこのつる植物がはびこっています。

名前はアカザカズラ、別名リュウキュウヒャクヤク、オカワカメ、ウンナンヒャクヤク(雲南百薬)などと呼ばれているツルムラサキ科の多年草つる植物(熱帯植物)です。

なぜこんなに人気があるのか? 文字どうり根(塊茎)、茎、葉などを薬用、食用にします。

特に葉はビタミン(βーカロチン)、ミネラルが多く、

亜鉛はニラの2倍、カリュウムはピーマンの8倍、マグネシュウムはレタスの8倍、銅はキャベツの8倍ということです。

茹でて おしたしや炒め物、生でサラダといろいろ使えます。食感はワカメのようです。

いちど試してはいかがでしょうか?ウンナンヒャクヤク(雲南百薬)が流通名です。Cimg1199 Cimg1200