シンノウヤシ

最近、里山にクマやサル、イノシシなどが出没して畑が荒らされたと云う話をよく聞きます。生産者にしてみればせっかく作った作物を食べられてしまうことに憤りをおぼえれことは納得できます。が動物たちからみれば、自然の恵み(温暖化の影響や不作で野山の実など)が減って生活のためにやもえないことかもしれません。

沖縄は実のつく植物がたくさんありますが、その実をシリーズで載せていきたいと思います。

今回は中村家にあるヤシの実をCimg1217 ご紹介しかす。

①シンノウヤシ(フェニックス)

インド、ミャンマー、中国南部、インドシナ原産。果実は3cm程度で9~10月ごろ紫黒色に熟すが食用にはならない。観賞用。